1月から2月がピーク|インフルエンザ対策の方法と効果

メンズ

ウイルス感染時の症状

ウィルス

1月から2月に感染のピークを迎えるインフルエンザウイルスですが、感染した際にみられる症状にはどういったものがあるのでしょうか。その症状を知ることで、感染対策の大切さを実感できるはずです。

詳しくはこちら

インフルエンザの感染経路

細菌

インフルエンザウイルスの感染対策するにあたって、その感染経路を把握しておくことが大切です。そうすることによって、日常生活の中でどういった点に注意して過ごすべきかを考えることができるでしょう。

詳しくはこちら

マスクによる対策の効果

頭を押さえる男性

空気の乾燥した季節がやってくると流行する病気にインフルエンザウイルスと呼ばれる病気があります。インフルエンザウイルスは感染力がとても高く、流行し始めると瞬く間にその感染範囲を広めていきます。この病気に掛かってしまうと、学校であっても仕事であっても1週間もしくは1週間以上休まなければなりません。学校であれば自身の成績に関わり、仕事であれば会社に迷惑が掛かってしまいます。インフルエンザウイルスに感染した本人もその症状に苦しめられるでしょう。この伝染病に罹らないためにも日頃の感染対策は大切です。
日常の中で簡単に行える感染対策には様々なものがありますが、その代表的なものの1つにマスクがあります。しかし、マスクで感染対策を行った際にはインフルエンザウイルスにマスクは効果がないと言ってくる人もいるでしょう。実際、インフルエンザウイルスはマスクの繊維の隙間よりも小さいウイルスなのでウイルスがマスクを通過してしまいます。ですが、感染対策において効果がないという訳ではありません。インフルエンザウイルスの感染経路は風邪と同じで飛沫感染によるものが多く、この飛沫感染というのは咳やくしゃみで唾液が目に見えない程の飛沫となって空気中に霧散するものをいいます。その霧散した唾液を吸い込むことで感染するのです。マスクはそういった水分を防いでくれるので飛沫感染の対策として有効なのです。また、インフルエンザウイルスが乾燥した季節に流行するのには理由があり、それは温度と湿度に弱く乾燥した環境での活動が最適だからです。マスクをつけることによって口内の温度及び湿度を保ってくれる効果があり、インフルエンザウイルスに感染しづらくすることが可能なのです。

接触感染対策の衛生手洗い

下を向く女性

インフルエンザの感染経路の一つに接触感染と呼ばれるものがあります。接触感染はしっかりした手洗いを行うことで感染対策が可能です。正しい手洗いのやり方を覚えて完璧に接触感染を防ぎましょう。

詳しくはこちら